profile.jpeg
 

​川上喜朗 KAWAKAMI Yoshiro

He borned in 1993 at Tokyo.

He creates his work with numerous methods including anime, painting and animation-installations. In all of his work, He use the motif of illustrated boys and girls. 

When he draw the characters, they always have a big face, small mouth, distorted body and big eyes. This design is influenced by Japanese animation and traditional dolls like the “kokeshi." Probably these dolls will be described as “kawaii” - the now famous Japanese word meaning "It's so cute!" or simply the adjective "cute." He too love things that get the “Kawaii!” praise; He think the sensibilities behind kawaii sum up the Japanese culture and aesthetics. 

A kawaii character might have a very subdued expression. For example, when Hello Kitty smiles, her mouth isn’t shown and only her eyes smile sweetly. A typical character in Japanese art does not always express emotions in an obvious way. And even if something is kawaii, it could be conveying negative feelings. Often in Japanese art, toning down the expression and making it difficult to read the character's emotion are ways to express sadness and sorrow. 

He like this Japanese way because the vague and mild expressions free the imagination of the viewer. He can reflect his own interpretation on the character. From the same face, on some days he might read calmness, and on other days sadness or even happiness. He believes dolls remain popular in our cultures because their fixed faces allow us to mirror our own emotions on them. If he is happy, He feel the doll is happy too. If he is sad, he feels the doll is sad too. We feel like the dolls are communicating with us. 

This concept underlies my work and he tries to reproduce my inexplicable feelings through my characters. 

1993  born in Tokyo
2017  Tokyo Zokei University, painting major
2020  Graduated from the Department of Animation at Tokyo University of the Arts Graduate School of Film and New Media

---

私は 作品制作において、デフォルメされた少年少女を主なモチーフに絵画・アニメーション・立体作品の制作、発表を続けています。

その理由として、彼らの表情の中にある"憂い"の眼差しへの探求があります。

私は主にTVアニメやSNSのイラストから影響を受けてきました。海外のキャラクターと日本のキャラクターの大きな違いとして、日本で描かれる彼らの表情には"憂い"の要素があります。

例えば、ハローキティには口が描かれていません。アメコミのような豊かな感情表現ではなく、常に同じ表情、同じ眼差しをしています。喜怒哀楽がどこか大人しくて、無表情で無害で、小さな丸い目でまっすぐ見つめる表情には哀しさすら感じさせます。だからこそ私たちは愛おしさを感じて一緒に喜んで、一緒に悲しんで、安らぎを感じていられる。自分の感情を投影して、安心して愛することができる。彼らの表情は、そうした受動的な性格を内包しているように感じるのです。その眼差しは、もしかしたらキャラクターに限らず、現代を生きる僕たち自身が抱いている眼差しなのかもしれない。一見平和に見える社会の内側で起こる理不尽な出来事。言い返したくても口が動かない。考えつめても自分が弱いのが悪い。なるべく平気な顔をしていたいけど、内心では怖くて、一人になるとそのことを何度も思い出して怯えてしまう。自分の言葉を持てずに生活を繰り返している僕たちは、もしかしたら口の描かれていないキャラクターそのものかもしれない。

彼らを描くことで、そうした私たちの眼差しを表現できるのではないか。

私はその"憂い"の表情から、私自身の考える不安や虚無感を反映させるようにして、キャラクターを描いているのだと思います。

​川上喜朗 2020.3.20

1993 東京生まれ

2018 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻 卒業

2020 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 修了

個展

2021

「晦の瞳」LIGHTHOUSE GALLERY(東京)

2020

「かげごと」新宿眼科画廊(東京)

2019

「青空、おっこちた!」新宿眼科画廊(東京)


2018

「川上喜朗 - “いま”と”かつて”と劣等感と」点と未来デザインラボラトリー(東京)

グループ展

2021

「ART BUSAN 2021」 Bexco Busan Korea(釜山/韓国)

「ART BEIJING 2021」全国農業展覧館(北京/中国)

「STARTING POINT」GALERIE GERALDINE ZBERRO(パリ/フランス)

​「買える!アートコレクター展vol.3」MEDEL GALLERY SHU(東京)

2020

「199X9」gallery shuuue(東京)

​「カオス*ラウンジXI キャラクターオルガナイズ」ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ(東京)

「GEIDAI ANIMATION 11 ネオ  東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻第十一期生修了製作展」

横浜情報文化センター(神奈川)

2019

「199X⁸」Gallery Shuuue(東京)

「TOKYO2021 un/real engine -慰霊のエンジニアリング」戸田建設本社ビル(東京)(カオスラウンジの作品に参加)

「GEIDAI ANIMATION 10 SKIN  東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻第十期生修了製作展」

東京藝術大学馬車道校舎(神奈川)/ ユーロスペース(東京)

「KUMA EXHIBITION 2019 - クリエイター奨学金第2期生 作品展覧会」青山スパイラル(東京)

2018

「ZOKEI展 - 2017年度 東京造形大学卒業制作展」東京造形大学(東京)

「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」国立新美術館(東京)

「ポートフォリオ展」新宿眼科画廊(東京)

2017 

「ワンダーシード2017」トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)

 「神奈川県美術展」神奈川県民ホールギャラリー(神奈川)

「mime企画展」mime・東京造形大学(東京)

「Compound eyes 周辺の視覚 東京造形大学×名古屋美術大学交流展」ZOKEI GALLERY(東京)

2016 

「形象2年展」小山小屋・東京造形大学(東京)

「五美術大学交流展2015 小作品展」銀座モダンアート(東京)          

「創作男子展2」銀座モダンアート(東京)          

「トーキョーワンダーウォール公募2016入選作品展」トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)          

2015   

「五美術大学交流会 2015」武蔵野美術大学(東京)

2013   

「カオス*ラウンジV」ビリケンギャラリー(東京)(「ライカ」名義)   

「カオス*ラウンジ vol.4」mograg garage(東京)(「ライカ」名義)  

2012   

「【GA】受け入れの国のカオス【原画】」ビリケンギャラリー(東京)(「ライカ」名義)          

仕事

2020

イルミネーションイベント「ヨルノヨ × サンポマップ」映像参加 (横浜/神奈川)

ライブイベント「isolated party vol.8」ポスターデザイン・映像演出 (三鷹/東京)

2019 

ロックバンド「cabee」マキシングル「song noir」ジャケットデザイン  担当

掲載

2020

図録「ILLUSTRATION 2021」(翔泳社) 作品掲載

入選・受賞

2018   

ZOKEI賞 受賞2018

クマ財団奨学生 選出           


2017 

「ワンダーシード2017」 入選

「神奈川県美術展」 入選           

第38期 国際瀧冨士美術賞優秀賞 受賞

          

2016   

トーキョーワンダーウォール賞 受賞

 

©2020 Kawakami Yoshiro

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now